.tandai 日本私立短期大学協会
トップ短大ナビ短大フロントラインセンパイに聞くキャリアデザイン協会について

キャリアデザイン

「就職」 | 「専攻科」 | 「編入学」 | 「海外留学」


四年制大学を上回る、短大からの「就職」

短期大学と四年制大学の就職率の比較短大の卒業生の進路の中でいちばん多いのは就職。でも、ひょっとすると、四年制大学より短大の就職率は良くないのでは、と思っていませんか?グラフを見ていただけるとわかる通り、就職率(卒業生の数のうち就職した人の割合)を比べると、ここ3年間は短大が上回っています

在学中の就職活動のサポートも、短大は1年次から始まり、じっくりとていねいに指導します。また、最近では在学中に企業で実際に仕事を体験する「インターンシップ」を行う短大が増えています。こうした学生と短大が力を合わせた就職活動が、四年制大学を上回る就職率を実現している理由のひとつといえるでしょう。


ページの先頭へ

短大卒業後、専攻分野をより深く学ぶ「専攻科」

短大を卒業して社会に出る前に、もっと深く学んでレベルの高い知識を身に付けたい。そんな学生のために、多くの短大では卒業後それぞれの専攻分野をより専門的に学ぶ「専攻科」が設けられています。ほとんどの場合、通い慣れた短大と同じキャンパスにありますので、親しみやすい環境で学べるのも魅力。さまざまな資格取得にも役立ちますし、大学評価・学位授与機構に認定された専攻科で必要な単位を修得し、同機構の審査に合格すれば、学士号、つまり四年制大学卒業資格を得ることもできます。
また、資格取得や技術を身に付けるために、卒業後、専門学校へ入学するという道もあります。

ページの先頭へ

3年次から四年制大学で学び卒業する「編入学」

1・2年次は短大で学び、3・4年次は四年制大学でより深く学んで卒業する。多くの大学に設けられている「編入学」の制度を活用すれば、そんな学生生活も可能です。
自分で編入学先を探すのはたいへんですが、短大と同じ学園グループの四年制大学や、短大と提携している大学なら、準備や手続き、編入学試験対策など、短大の教職員からさまざまなサポートを受けることが可能なので有利で安心です。
短大をファースト・ステージにして、四年制大学でさらに自分を伸ばす。そんな道を選べるのも短大ならではの魅力といえるでしょう。

ページの先頭へ

語学力のアップ、海外文化の体験に役立つ「海外留学」

英語をはじめ外国語の実力をつける、日本とは違う生活や文化に直に触れる。海外留学には、さまざまなメリットがあります。個人で留学先を探して準備するとなるとかなり大変ですが、多くの短大は留学制度を設けています。こうした制度を活用すれば、留学前の語学研修や海外での生活の用意などをじっくりと準備できて、個人留学より費用の面でも有利です。また、短大と提携している海外の大学なら、留学前にたくさんの情報が得られるので安心して留学に臨むことができます。実際に留学した先輩の話を聞くと「とても貴重な経験だった」「チャンスがあればもう一度行きたい」という声がほとんど。ぜひあなたも短大から、海外留学へチャレンジしてください。


ページの先頭へ

Copyright 2004 日本私立短期大学協会 All Rights Reserved. →サイトポリシー→サイトマップメールお問い合わせ